日本史はストーリーで覚える!

日本史を好きになるブログ

【第二次世界大戦】なぜ世界は2つの勢力に分かれたのか

 こんにちは。本宮貴大です。

 この度は記事を閲覧していただき、本当にありがとうございます。

 今回のテーマは「【第二次世界大戦】なぜ世界は2つの勢力に分かれたのか」というお話です。

 まず、第二次世界大戦の対立構造をみていく前に予備知識をご説明します。

 それは植民地の定義です。それをはっきりさせてから話を進めたいと思います。

 
 宗主国にとって植民地とは原料産出国であると同時に、自国で生産した商品を現地に売りつけるマーケットなのです。

つまり、植民地の理想形次の2点です。

1. 豊富な資源を持っていること。

2. 多くの人口を抱えていること。

 以上の予備知識を持ったうえで、本題に入ります。

 第二次世界大戦の対立構造は、「持てる国」と「持たざる国」の対立とされています。

 「持てる国」とは、世界各地に植民地を持つ国または広大な国土を持つ国のことを言います。いわゆる連合国陣営(イギリス、フランス、アメリカ、ソ連、中国)のことです。

 一方、「持たざる国」とは、世界各地に植民地を持たない国のことを言います。いわゆる枢軸国陣営(イタリア、ドイツ、日本)のことです。
今回はそんな世界の主要国が2つの勢力に分かれる過程を見ていきたいと思います。

 世界恐慌に対し、植民地を持つ「持てる国」はブロック経済で対応。その一方で、植民地のない「持たざる国」は、全体主義ファシズム)に傾いていきました・・・・。

 20世紀初頭(1910年代)、世界に多くの植民地を持っていたのはイギリスとフランスでした。

 特にイギリスは世界の総面積の約4分の1を植民地としており、世界人口の5分の1の4億人を支配下に置く超帝国主義国家でした。

 一方、ドイツやイタリア、そして日本は後発の帝国主義国だったこともあり、イギリスやフランスのような広大な植民地を保有しえませんでした。

 しかし、同じ後発の帝国主義国家でもアメリカのように、豊富な資源を有する広大な国土を持つ国もありました。さらに米墨戦争で、石油が採掘できる旧メキシコ領のテキサスなども併合するなどして、よりいっそう資源に困らない強国へと成長していきました。
米墨戦争・・・1846年~1848年までに起きたアメリカとメキシコの戦争)

 さらに、ロシア革命で成立したソ連も、指導者レーニンの死後、スターリンが実権を握り、五ヵ年計画による重工業と農業の大躍進を推し進めました。

 

 1914年に勃発した第一次世界大戦(第二次じゃないですよ。注意してください。)は、ヨーロッパの荒廃とともに、膨大な犠牲者を出してしまいました。

 近代兵器を駆使し、すべての国民を巻き込む国家総力戦に、滅亡の淵をみた人類は、これまでの帝国主義に基づく海外進出を反省し、一転して平和協調の時代へと移っていきました。

「二度とこんな過ちは起こしてはならない。」

 そんな願いを込めて、1920年にイギリス、フランス、イタリア、日本を常任理事国とした国際連盟が発足、1926年にはドイツも加盟し、ヨーロッパの国際秩序が完成しました。

 以降、軍縮条約が次々に締結されていき、世界規模での和平プランが完成しました。

 

 しかし、そんな秩序は脆くも崩壊し、人類は2度目の世界大戦を経験するのでした・・・・。

 1929年10月24日、ニューヨークのウォール街で株価が大暴落。世界経済の中心であるアメリカで発生したこの恐慌を発端とした大不況は世界に波及し、世界恐慌となりました。

 各国は対応に迫られます。

 イギリスやアメリカなどの持てる国は保護貿易ブロック経済)を開始しました。

 ブロック経済とは、他国からの輸入品に高い関税をかけることで、国内への流入を防ぎ、本国と植民地との間だけの経済圏(ポンド・ブロックやドル・ブロック)をつくり、経済の回復を図る政策のことです。

 しかし、そんなブロック経済はイギリスやフランス、アメリカなどの「持てる国」しかできない政策で、ドイツやイタリア、日本などの「持たざる国」は苦境に陥りました。

 それでも、輸出大国であった日本は円安を利用して輸出を増大させ、景気をV字回復させました。

 しかし、輸出大国である日本にとって、イギリスなどのブロック経済は大打撃でした。イギリスやアメリカは大事な貿易相手国です。そんな彼らが事実上の輸入制限を行ったのですから、日本は経済から閉め出されてしまうのは当然です。

 これに対抗するには、日本も円ブロック(経済圏)をつくるしかありません。そのためには台湾、朝鮮だけでは足りません。豊富な資源と多くの人口を抱える中国大陸にも進出する必要がありました。

 そして1931年、日本は満州事変を起こし、翌1932年には満州国を建国するも、国際連盟に認められず、翌1933年に国際連盟を脱退しました。

 

 国際連盟とは、通称「ヨーロッパの揉め事処理機関」ともいわれていますが、中立国である日本がいなくなったことで、ヨーロッパの国際秩序はあっという間に崩壊していきました。

 ドイツでは1932年に台頭したヒトラー率いるナチス党(国家主義ドイツ労働者党)が第一党となり、実権を握ります。

 ヒトラーの目的はヴェルサイユ体制の打破と再軍備政策でした。そのためにまず、1933(昭和8)に日本の後を追って国際連盟を脱退し、1935(昭和10)年3月には国防軍編成法を発布して再軍備に踏み切りました。

 こうした大拡張政策によってドイツはあっとう間に世界恐慌から脱出しました。

 

 イタリアでは、すでに政権をにぎっていたムッソリーニが経済政策の失敗を取り戻すために、リビアエチオピアへの侵攻に踏み切りました。

 エチオピアは独立国ですが、人口が多く、自国の商品を売りつけるマーケットとしては喉から手が出るほど欲しい国です。

 しかし、エチオピアの周辺にはイギリス、フランス、イタリアの植民地がひしめき合い、3国はエチオピア侵攻を互いに牽制し合っていました。

 そんな中、イタリアだけが「抜け駆け」的にエチオピアに侵攻したため、イギリスとフランスは大激怒。

 かつて植民地獲得を争うライバル同士だったイギリスとフランスは、ここにきてイタリアという共通の敵を倒すべく手を組みました。

 

 他方、イギリス・フランスから非難を受けたムッソリーニは仲間が欲しくなり、やドイツに接近するようになりました。

 当初、ヒトラームッソリーニオーストリア併合問題などにより、どちらかといえば対立的関係にありました。

 そんなイタリアとドイツが手を組むきっかけとなったのはスペイン内戦でした。現代では、このスペイン内戦は第二次世界大戦のリハーサルだったともいわれており、

 1936(昭和11)年2月、スペインで反ファシズムを掲げる人民戦線内閣が成立したのに対し、フランコ将軍に指揮されたファシズムを掲げる軍人たちが暴動を起こし、反乱はスペイン全土に広がりました。

 ヒトラームッソリーニはこの機に乗じてスペイン全土を手中に収めたいと考えるようになりました。

 ヒトラーはスペインの鉄鉱石など地下資源を手に入れたいと考え、ムッソリーニはスペインから地中海の覇権を奪い、「イタリアの海」にしたいと夢見ていました。

 しかし、そんなファシズム勢力に反対するソ連が、スペインの人民戦線内閣(政府側)を支援するようになりました。ソ連社会主義国家であったため、世界恐慌の影響を受けておらず、急速に国力を増大させていました。

 これに対し、ヒトラームッソリーニファシズム勢力であるフランコ将軍を支援するようになりました。

 これがきっかけとなり、ドイツとイタリアはソ連という共通の敵が現れたことで互いに手を組むようになりました。

 なお、イギリス・フランスはスペイン内戦に対しては、不干渉政策をとっています。先の世界大戦でドイツの脅威を経験しているからです。

 こうして1936(昭和11)年11月10日、ドイツとイタリアは友好協定を結びました。
 ムッソリーニはこの独伊関係を称えてムッソリーニは「枢軸」という言葉を初めて口にしました。

 

 一方、満州国を建国した日本ですが、意外にも資源が取れず、中国大陸へさらなる領土拡大を狙っていました。

 そうした中、1937年7月7日に起きた盧溝橋事件を機に日本と中国は全面戦争に突入することになりました。

 こうした日本の中国進出に対し、イギリスは敵対心を強めます。

 イギリスは日本よりもずっと前から中国を巨大市場として開拓しており、それが日本の侵攻によって損なわれていることに反発していたのです。

 日本とイギリスは決定的に対立しました。

 イギリスは中国政府に物資を支援し、蒋介石率いる中国政府も国際世論を味方につけるべく、国際社会の同情を集めることに奔走し、イギリスをはじめ世界各国からの支援を得ることに成功しました。

 その中にはアメリカも含まれていました。

 中国進出に出遅れていたアメリカも日本を敵視するようになり、石油などの対日輸出の制限を勧告し始めました。

 こうしてイギリスとアメリカは日本という共通の敵を倒すべく手を組むようになりました。

 

 その頃、ヨーロッパでは、ドイツがゲルマン民族統一国家樹立をお題目として掲げ、隣国オーストリアの併合を済ませ、さらに1938年にはチェコスロバキアゲルマン民族が多く住むズデーテン地方割譲を英仏にも認めさせました(ミュンヘン協定)。

 しかし、その約束は舌の根を乾かぬうちに破られ、1939(昭和14)年3月にプラハに進駐してチェコスロバキアそのものを解体してしまいました。

 そして、1939年9月1日、ドイツのポーランド侵攻によって、遂に第二次世界大戦が勃発しました。

 ドイツの侵攻はすさまじく、あっという間に周辺諸国は占領されました。そして1940年6月にはパリが陥落してフランスが降伏、イギリスはヨーロッパで孤立してしまいます。

 

 ヨーロッパでの破竹の勢いを続けるドイツを目の当たりにした日本はドイツと手を組みたいと考えました。アメリカやイギリスに対抗するためです。

「この大戦はドイツの勝利に終わる。バスに乗り遅れるな!」

 とばかりにイタリアも加えた日独伊三国同盟の締結に急ぎました。

 そして1940年9月7日、日独伊三国同盟が結ばれました。その内容は、三国のうちの1か国が英・米・ソのいずれかと開戦した場合、他の2か国も参戦するというものでした。

 この同盟にアメリカは大激怒しました。

 ルーズベルト大統領は、日独伊がめざす世界新秩序は「全人類を支配し奴隷化するための権力と金力との邪悪な同盟」だとラジオで呼びかけました。

 そしてルーズベルトは、日本・ドイツ・イタリアを「悪の枢軸国」とし、イギリス・フランス・アメリカ・ソ連・中国を「正義の連合国」としてやさしく図式化したのでした。

 

 このように悪の枢軸国として仕立て上げられてしまったドイツ・イタリア・日本ですが、それは「持たざる国」であるがゆえに、経済から閉め出されてしまったという経緯があったのです。それは遅れてきた資本主義国の宿命だったのかもしれません。

 

以上。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました。

本宮貴大でした。

 

参考文献
「昭和」を変えた大事件             太平洋戦争研究会=編著 世界文化社
今さら聞けない日本の戦争の歴史         中村達彦=著 アルファポリス
教科書には載ってない 大日本帝国の真実     武田知弘=著 彩図社
知識ゼロからの太平洋戦争 入門         半藤一利=著 幻冬舎
ニュースがよくわかる 教養としての日本近現代史 河合敦=著  祥伝社
教科書よりやさしい世界史                   旺文社